技工品紹介はこちら

インプラント、 審美補綴、デンチャー、術前診断、マウスガード、その他技工品の制作承ります。

詳細を見る

口腔内スキャナーとは

近年、口腔内スキャナー(Intra Oral Scanner/以下、IOS)の目覚ましい進歩により,補綴・インプラント治療を中心に光学印象の実用化が進んでいます。 過去には「時間がかかる」「不適合な補綴物が出来る」といったケースも散見されましたが、現在では適切な歯牙形成や口腔内環境を元に製作された技工物は、印象材ベースのものと比べ、正確な補綴物がご提供できます。

詳細を見る

会社概要はこちら

私たちは、1975年の創業から積み上げてきた知見と最新のデジタル技術で 患者様と歯科医院様双方にとって最適な歯科医療ソリューションを提供する、 これからの時代を見据えた歯科技工所です。

詳細を見る

ABOUT

最新設備と高い技術力を有する最先端の歯科技工所

キャノン・デンタル・ラボラトリーは、東京都板橋区に本社を置く歯科技工所(デンタルラボ)です。
1975年の創業以来、被せ物や、入れ歯、マウスピースなどの歯科技工物を歯科医院や大学病院に納め、約半世紀にわたる信頼を積み重ねてきました。
経験豊富な歯科技工士たちのノウハウ、そして大学病院との共同研究や素材メーカーとの提携がもたらす最新の技術と知見は、高精度な技工物を低価格・短納期でご提供することはもちろん、歯科医院様にとって最適なソリューション提案を可能にしています。
世界的に誇る日本の歯科技工技術を保持しながら、先端素材、CAD/CAM加工機や口腔内スキャナーなどのデジタル技術を積極導入。患者様の生活の質を高めながら、歯科業界の業務改善にも取り組み、これからの歯科医療の在り方を追求してまいります。

 

デジタル技術の進化と共に歯科医療に革新をもたらす

IOS

口腔内スキャナー

昨今の口腔内スキャナーは時間、精度も飛躍的に進化しています。少し前までは時間がかかり不適合の補綴物が出来るイメージがあったかと思います。現在では適切な歯牙形成や口腔内環境を元に製作された技工物は、印象材から製作された物より正確な補綴物が出来上がります。IOSの種類によってはカラーで送信できない機種があります。その際は形成後の写真を添付いただけますとエラーを減らすことが可能です。また適切な歯牙形成口腔内環境はこちらをご参照ください。

ACCESS

アクセス